灘のけんか祭りトップページ
灘のけんか祭り最新情報
灘のけんか祭りとは
松原八幡神社
歴史
祭りの流れ
囃子
旧7村紹介
映像館
交通アクセス
祭り進行時刻
リンク
   

宵宮
宵宮まで 10月をこの地区では祭月と呼ぶ、祭月に入ると練り番の地区の人々によって修復された御輿が八幡宮の拝殿に飾られ、宮本である東山地区の人々によって御輿の周辺に提灯などで拝殿が飾られていく。神社には練り子の安全を祈願しにお参りする人々やお守りを買い求めに来る人々が後を絶たない。各地区には日参(ニッサン)と呼ばれる鳥居が立てられ、練り番と呼ばれる7年に1度回ってくる御輿練りの当番を務める地区では3本の御輿幟が各地区の目立つ位置に立てられる。また、各地区の屋台蔵では祭り当日に向けて、太鼓や獅子舞の練習ならびに屋台の金物や衣装の飾り付けが行われ、祭りに向けての準備がすすめられていく。10日前後になると各地区ごとに屋台練りの練習などで実際に屋台を担ぎ上げている姿を見ることができる。
写真1
写真2
写真3

写真4
写真11
出立ち それぞれの家庭の朝風呂からこの祭りは始まる。灘の地区の人々はこの祭りのために1年を過ごしてきていると言っても過言ではない。昨年の祭りが終わってから、この祭りに向けて準備をすすめてきている。正月よりも祭り、盆よりも祭りというのがこの地区での考え方である。朝風呂につかり、心身の疲れや汚れを落とし、身を清める。その後、各家でふるまい酒や祭り料理を味わい、祭り装束に身を固める。東山などの宮入の早い地区では朝の9時ごろから屋台の蔵出しをおこない練り出す。途中担ぎ上げたりしながら各地区を一巡する。大幟が先頭、東山・松原・妻鹿と獅子舞を演じる地区では獅子檀尻が続き、その後に屋台、練り子が一団となって八幡宮を目指す。その道中顔をあわせた屋台どうしが仲良く練りあうこともある。

宮入 待ちに待った1年、この日のために1年間準備をしてきた。いよいよ宮入りの時である。東山の獅子を先頭に木場・松原・八家・妻鹿・宇佐崎・中村の順に宮入をおこなう。各村の名前が書かれた大幟を押し立てて、獅子壇尻がある地区では獅子壇尻を子供が引き、獅子が舞いながら屋台を先導する、そして練り子が担ぎ上げる屋台。その一団が一気に楼門前へと押し寄せる。「ヨーイヤサーヨーイヤサー」の掛け声も勇ましく、神様に少しでも近づけようと屋台を高々と差し上げる。楼門前では1年ぶりに顔を会わせる屋台どおし仲良く練り競いあったり、新しく作られた桟敷の前を練り上げたりして、観客の拍手を多数浴びる姿などが見受けられる。露盤・擬宝珠を抜いて屋台が楼門を重そうに引きずってくぐり抜け、再び担ぎ上げて拝殿前へと移動していく。拝殿前では神官のお祓いを受けて、境内の周りを一周してそれぞれの所定の場所に据えられる。旧7カ村すべての屋台の宮入が終わるのは午後2時ぐらいである。境内西側のステージでは松原・妻鹿それぞれの獅子が奉納舞を披露する。

写真5
写真6
写真10
写真12
宮入
(504kb)

(143kb)
楼門抜け
(153kb)

(35kb)

写真7
写真8
宮出し すべての屋台が宮入を終えると、屋台が再び担ぎ上げられ宮出し(宮戻し)・練り合わせが行われる。境内の中、楼門の外、それぞれの場所で練り合わせが行われる。屋台同士が激しく・荒々しく合わせられる。屋台が右往左往し、右に左に揺れる。時には3台4台練り合わせられる、その度に観客から大きな拍手が起こる。近年では7台全ての屋台が合わさることもある。日が暮れ、楼門の提灯に灯がともると、東山・八家・宇佐崎の3台の屋台にも電飾が灯り、宵宮の最後に華が添えられる。練り番を務める地区の屋台は屋台練りが今日だけとあって、屋台練りにも力が入る。まだまだ練り子の屋台を練りたい気持ちはあるが、明日もあるからとそれぞれの屋台が各地区の屋台蔵へと帰路に着く。

トップページ灘のけんか祭り最新情報灘のけんか祭りとは松原八幡神社歴史
祭りのながれ旧七ヶ村紹介囃子映像館交通アクセス祭り進行時刻ご意見箱

(c)1999-2002 (有)東芸 有本雅哉 All rights reserved.
m.arimoto@nadamatsuri.jp